FXでの大損を極力小さくする方法。資金管理テクニック

FXでの大損を極力小さくする方法。資金管理テクニック

FXでの損失はつきものです。FXでの損失を大きくしてしまうことを大損といいます。その大損を極力小さくしたいとトレーダーの誰もが思っています。

 

でもハイレバレッジで無茶なトレードをしたり、資金に見合わないトレードをしたことで大損をしてしまい退場してしまうということもありえます。

 

FXで大損しないために極力最小限に損失を抑えておいて、なおかつ資金管理テクニックを身につけることができれば生き残れることは確定です。これからその解説をしていきます。

FXトレードルールは作らなくても勝てる

FXで大損しない方法

損失を出さないようにするには、勝ち続けることが前提です。当たり前ですが、これが難しい正解なんですね。

 

まず、大損しないようにするには、資金管理を覚えます。資金管理といっても簡単です。投入資金の割合を覚えておくだけでいいんです。

 

資金テク2%までの損失に抑える

10万円ならば2000円までです。資金が10万円で2000円ですから、レバレッジも考慮しなくてはいけません。

 

むやみにハイレバレッジトレードをすると大損します。通貨のロット数にもよりますが、50pips逆行したら500円の損失で損切りするようにすれば、コツコツドカンという負け方はしなくなります。

 

また日本のFX口座でもいいんですが、日本のFX口座の場合、追証という制度があり、資金を割り切る損失を出した場合、その分払わないといけなくなります。

10万の資金でトレードして、15万円損失を出した場合5万円を追加で支払わないといけなくなります。

 

僕はこれが嫌だったので海外FX口座でFXを始めています。使っているのは「XM」です。検索でXMを検索すれば一番にでてきます。

 

プロトレーダーでも負けることがある世界です。ですがトータルで利益を残すことができれば負けトレーダーになることはありません。

 

FXコツコツドカン勝利手法を紹介

FXではコツコツドカンで負ける(利益よりも損失の金額大きい)か、コツコツドカンで勝つ(損失の金額よりも利益のほうが大きい)ことでトレード機会も増えるし、利益も増えていきます。その2パターンしかありません。

 

コツコツドカンで勝つ方法としてはさまざまですが、自分なりの手法を勉強してつけるか、ロジックの決まっているツールを使うかです。

 

僕は後者でトレードしています。というのもロジック(トレードルール)が決まっているツールを使うことで、少ない資金を増やし、それから自分のトレードルール(オリジナル)を実践していくほうがいいと思ったからです。

FXトレンドフォローインジケーターでの優秀なサイン

 

自分のトレードで負けてしまっては元も子もないという少しせこい考えでトレードしていました。でもこれで少額資金を少しでも増やしてトレード機会を増やすのは1つの手段だと思います。

ロジックが決まっているものは、負けることもありますが、大損することは可能性としてはゼロに近いのではないでしょうか。

 

自分のトレードルールで勝てるのであればこうしたツールは必要ありません。僕も最初から使うことはなかったと思います。

 

ただとにかく資金を増やして、何度もトレードに挑むことを考えると、トレードで利益を出して、コツコツドカンと勝てるロジックに従ったほうがいいと思います。

 

自分なりのトレードルールはそれからでも遅くはないと思います。大損しない方法としては、ロジックと資金管理の両方を見に付けてトレードすることが、極力最小限に損失を抑える方法だと思います。

 

紹介したツールはこちら▼
ドラゴンストラテジーFX【特典付き】

 

 

 

 

FX手法カテゴリの最新記事