FX情報商材レビューブログ

トレンドディスカバリーFXの検証とレビュー【特典付き】

   

トレンド・ディスカバリーFXの検証とレビュー

トレンド・ディスカバリーFXの公式サイトでは、「未来予測」ロジックと記載されています。画期的な内容で未来を予測するロジックなのか?FXをやるうえで未来予測できることがあればこれほど目から鱗なことはないのですが、果たして未来予測できるような商材なのかをこれから検証とレビューをしていこうと思います。

Black AI・ストラテジー FXの検証とレビュー【特典付き】

ドラゴンストラテジーFXの検証とレビュー【特典付き】

トレンド・ディスカバリーFXの内容を検証

トレンド・ディスカバリーFXの商材の内容について解説していきます。トレンド・ディスカバリーFXの内容としては、FXをスムーズに行うときに便利になる「通貨の強弱」をそれぞれの時間足から見極めるための手法を学ぶという内容になっています。いわゆるマルチタイムフレーム分析というもので、ほかの通貨でトレンドが発生しているものを優先してトレードを行います。

通貨での基本は、売られている、買われているというのが基本なのですが、よくトレンドが発生する場合は、売られすぎ、買われすぎとかの表現をします。買われすぎなどの場合は、反転を狙って逆張りを仕掛けたり、売られすぎも同じく反転を狙ったりなどトレーダーによって違いますが、手法としては逆張りが多いですね。トレンド・ディスカバリーFXはそのトレンドの強弱を観察して勢いのある通貨でトレードを行うという戦法をとっていきます。これはFXトレードをしていくうえで活用できる内容になると思います。勢いのない通貨は逆にエントリータイミングをかなり長い時間待たないといけない場合もあり、最近のドル円のように動きの少ない通貨のようにトレードに刺激がないような通貨もあります。勢いのある通貨をマルチフレームで見極めてトレードを行うやり方はかなり効率的だという点が高評価です。

意外と少ないマルチフレーム分析

いろんなFX商材が販売されていますが、トレンド・ディスカバリーFXほどマルチフレームについて解説している商材はないかと思います。マルチフレームを活用することで、いきおいのある通貨でスムーズにトレードに取り組めるので、1つの通貨にこだわることなく、またいきおいの少ない通貨で失敗することを避けることもできます。トレンド・ディスカバリーFXではかなり詳しくマルチフレームについて解説されているのでこれは習得しておくべき内容だと思います。

■ボリンジャーバンドで稼ぐ方法を習得できる

ボリンジャーバンドのトレンド発生時にエキスパンション(ボリバンが大きく開く)状態をあらかじめ速い段階で捉えてそのトレンドに乗る手法を学ぶことができます。これはかなり大きく利益の取れる手法でトレンド・ディスカバリーFX利用者が大きいpips数を取れているのもこうしたボリンジャーバンドのエキスパンションを利用しているからだと思います。トレンド・ディスカバリーFXの内容はかなりボリュームがありますが、ボリンジャーバンドのトレンドに乗る手法と、マルチフレームを取り入れることができれば、かなりFXでは有効活用できると思います。

大きくわけて学んでためになる内容の一部を紹介しておくと…

  • 逆張りの手法
  • トレンドブレイクアウト手法
  • 大きなトレンドに乗るための通貨の強弱を見極める方法

この3つはトレンド・ディスカバリーFXでの一番習得したい内容になります。この3つはかなり重要なポイントで、ほかにも基礎的なものからダウ理論などさまざまな内容もありますが、一番覚えておくのはこの3つかなと思います。かなり役立つと思います。

利益を大きくとるために「勢いがあって(トレンド発生)、ボリンジャーバンドがエキスパンション状態」というのをマルチフレームで観察するというスタンスでトレードを行なっていくイメージでとらえてください。全体としては逆張りだけでなくトレンドフォロー型でもある手法で、ブレイクアウトも狙って1回のトレードで大きな利益を獲得するための内容になっています。

 

トレンド・ディスカバリーFXのロジック

トレンド・ディスカバリーFXのロジックをここで公開しておきます。トレンド・ディスカバリーFXのロジックはかなりシンプルなものになっています。っまず1つ目は「ボリンジャーバンドでの押し目、戻りでエントリーし、ボリンジャーバンドのトレンド発生(エクスパンション)で利益を確保する」というロジックです。これはどの通貨でもよく見られる現象ですし、かなり利益を大きく出せる定番の手法です。僕も先日これで大きく利益を出すことができています。→5月7日のトレード


逆張りとしての手法となっていて、けっこうわかりやすいタイミングをとれるので、僕みたいな素人トレーダーでも活用できる手法です。新しい手法ではありませんが習得するとかなり強くなります。トレンドに乗り遅れるトレードばかりしている人にはかなりおすすめできる内容です。

もう1つはブレイクアウト手法

さっきまでいきおいがなくレンジ状態だったときからいっきに価格を上げたり、下げたりすることがあります。これをブレイクアウトと呼ぶんですが、この状態はラインを引くとよりわかりやすく、タイミングやエントリーするポイントを抑えておくとかなり大きな利益が狙えます。過去にこの手法で6億稼いだトレーダーもいたようです。これはインジケーターは必要なくチャートにラインを引くだけでトレードを行います。ラインを引くだけという簡単ではありますが、この引き方もしっかりマスターしておかないと違うとこでラインを引くと失敗につながります。

さらにトレーリングストップでトレンドの最後まで利益を搾り取るようにトレードしていきます。

トレーリングストップとは、FX(外国為替証拠金取引)において損失は抑えながら利益を確保しようとする投資方法のことです。 トレーリングストップ注文は、相場の動きによって、ストップロスオーダーで設定している価格を自動で動かしてくれる注文方法です。

https://point-g.rakuten.co.jp/fx/words/trailing_stop.html

僕はあまり使っていないんでが、トレーリングストップを利用することで、トレンドを最後まで追いかけることができます。どこで利確するのかわからない人には最低な方法だといえます。トレンド・ディスカバリーFXで学べるロジックは大きくまとめると以上のような内容となります。

トレンド・ディスカバリーFXのロジックをレビュー

ボリンジャーバンドを活用して押し目と戻りを行う手法で、トレンド・ディスカバリーFXでもよく知られているボリンジャーバンド±2σにタッチや突き抜けでエントリーしていく手法は僕も前々から取り入れています。これはかなり大きく利益を出せます。ただ「いきおい」がないとすぐに反発して利益を出せないこともあります。この手法はトレンド・ディスカバリーFXでなくても覚えられることですが、エントリータイミングをしっかり覚えたいのであれば、プロトレーダーから学ぶ必要もでてくると思います。もう1つのブレイクアウト手法。これでもトレンドラインからブレイクする瞬間をとらえる必要がありますし、簡単そうで深い方法ですね。いづれにしても大きく利益を獲得する方法なので習得すると1回のトレードで満足いく利益を出せるロジックです。これはさっそく取り入れていますが、どちらも利益を出す手法としてはかなり重宝します。

勢いを確認する手順としてはまず4時間足を表示します。もう1つはその同じ通貨での1時間足を見ます。そして小さい足として5分足を見ます。これでトレンド・ディスカバリーFXでのトレードを行う手順となります。ここで重要なのは「通貨選び」です。僕は1つの通貨でほとんどトレードを行っていましたが、いきおいのある通貨選びという選択肢を学んだのはトレンドディスカバリーFXになります。

トレンド・ディスカバリーFXのデメリット

トレンド・ディスカバリーFXのデメリットについて説明していきます。まず「未来予測」という魔法のようなキーワードでついつい期待してしまいがちですが、あくまでアナログ的なロジックです。未来予測というよりは勢いのあるものを判断したり、エントリーすべきポイントを学んだうえでトレードするので、未来予測という表現は少しおおげさに思います。ここを公式サイトで誇張されているので勘違いしないように注意が必要です。

未来予測というフレーズからいかにも斬新なテクニカルを想像してしまいがちですが、トレンド・ディスカバリーFXのロジックは今すぐにでも実践できるような定番の手法です。そこでその手法で負けている方や、いまいちトレンドや、ボリンジャーバンドでのトレンドに乗り切れない人はプラス学べる項目や、マルチフレームの観察方法などを取り入れるといいですが、トレンド・ディスカバリーFXでは「手法」を学ぶもので「優秀なインジケーター」などは付属してありません。

 

トレンド・ディスカバリーFXの総合評価

以上でも紹介した、ボリンジャーバンドのエキスパンションを利用したトレードと、トレンドラインをブレイクアウトする2つのロジックという内容で、オーソドックスな手法なのでさきほども述べたようにシグナル系のインジケーターや、ツールなどはありません。どちらかというと見極めるために学ぶ内容になっているので、初心者や今まで失敗してきた人が改めて学ぶ商材としてはかなり高評価だといえます。

加えて、「マルチフレーム分析」を学ぶことができるので、マルチフレームを利用して、大きい時間足から小さい足へと移っていきおいを利用してエントリーする、決済というデイトレード手法なのでここではいきおいを見極めるために購入するという感じになると思います。しかし学ぶ商材としては少し価格が気になるところではあります。通貨の見極め、ボリンジャーバンドでのエキスパンションで仕掛ける、ブレイクアウトを狙うというのであれば今からでも実践できるもので、通貨のいきおいを今からでもマルチフレームを利用して自分で訓練できるものでもあります。

素人目線ではなく、プロトレーダー目線だからこその戦法も描かれていますが、トレードするのは何度もチャレンジが必要なので今からでもマルチフレームで観察する力を個人的に取り入れることもできるかと思います。

今まで5分足や15分足だけでトレードを行い、いきおいがよくなったのを見計らってはエントリー、損切りという方にとっては一から学ぶ商材としては優秀ですが、FXを長くやっている中級者などには新しい内容はありません。僕もFXをやって2年ほどになりますが、トレンド・ディスカバリーFXの内容で評価できるポイントとしては何度も言っている「マルチフレーム」です。これを習得すればいきおいのない通貨で無理やりトレードすることがなくなります。

トレンドフォロー手法と、逆張り手法を同時に学べる内容としてこれからも重宝しますが、それを優秀なインジケーターとともにセットで付属してあれば言うことなしって感じになる商材なので点数でいえば「80点」っていうところでしょうか。初心者や失敗している人にはかなりおすすめですが、なにか1つでもタイミングを計るツールなどがセットになっていればこの価格でも納得という感じになります。

【特典】

このブログからトレンド・ディスカバリーFXを購入された方のみに特典をお付けします。特典として僕も使用しているインジケーター「CU-I」を購入者様限定でプレゼントします。

このインジケーターの詳しい解説は「ご購入者限定特典の紹介」で確認してください。天と底を捉えながら進むのでダマシ回避や、反転を狙ってトレードできます。ほかの優良のインジケーターと併用して使用しています。トレンド・ディスカバリーFXにはインジケータは搭載されていないので、ぜひこの「CU-I」を表示させてトレンド・ディスカバリーFXの手法と併用してみてください。ダマシを回避することはかなり重要で無駄な損失を出しません。もちろん100%はありませんが、過去トレード内容を見ていただくとわかるかと思います。この機会に特典をお受け取りください。

トレンド・ディスカバリーFXを特典付きで購入される場合はこちら▼

トレンド・ディスカバリーFX公式サイト【特典付き】

 

 

 - FX商材レビュー