FX情報商材レビューブログ

Easy Scal FXの検証とレビュー【特典付き】

   

Easy Scal FXの検証とレビュー

Easy Scal FXの検証とレビューを行ないます。Easy Scal FXは簡単という意味でもあるイージースキャルという商材名で販売されていますが、内容を見ていくと少し複雑な内容のスキャルピング教材ということが判明しました。ですのでそれもふまえて詳しく解説していこうと思います。

スキャルピング関連記事▼

ドルスキャワールドFXの検証とレビュー【特典付き】

恋スキャFXビクトリーDXの検証とレビュー【特典付き】

秒速スキャルFXの検証とレビュー【特典付き】

1秒スキャルFXの検証とレビュー【特典付き】

Easy Scal FXは複雑な逆張りツール

Easy Scal FXは逆張りツールとして機能するサインツールとして販売されています。矢印が点灯するタイプのインジケーターでエントリーのタイミングになると矢印が表示されます。売り、買いのサインがでたらそのあとの重要な「イグジット(決済)」のサインもでてくれる非常に便利なツールになっています。このあたりを見るだけであればかなり有効なサインツールと思います。エントリーはできたものの、イグジットのタイミングがわからない、ポジションを長く持ちすぎて今度は逆方向へいってしまうということもありえます。Easy Scal FXにはそのリスクを回避するためにもイグジットサインもでてくれます。

逆張りツールということで、反転などを狙うポイントだけでサインがでるのかというとそうでもないんですね。Easy Scal FXは結論から述べると、完全な逆張りロジックではありません。強いトレンドが発生した場合はサインとは逆に逆行していき「損切り」に合うことがあります。確率としては4割以上の確率で損切りに合うと短期間での検証ですが、僕なりのデータがあります。

Easy Scal FXのロジックは完全な逆張りではなくある程度「ボラティリティ」が発生している通貨や時間帯に強いサインツールになります。ロジック的にはただ単純に逆張りサインだけでは、損切りのリスクがつきまとうので、回避するためにもある程度ボラが発生しているトレンド方向へのサインが表示されるようになっているロジックに設定されています。

上の画像のように売り優勢のときに戻りをはかってサイン(赤矢印)が表示されています。そのあと20分ほどポジション保有し、決済(黄緑の丸)というサインがでます。このようにわかりやすいサインもありますが、売り優勢に乗っかる形でサインがでた場合はいいのですが、大きい反転の場面、例えばピンバーがでたときなどの逆張りのタイミングではなかなかEasy Scal FXのサインはでません。トレンドが反転するときに矢印がでればかなり大きい利益がとれるのに、強いトレンドの反転ではあまり機能してくれません。

この画像でもシンプルに買い優勢のタイミングで、買いのサイン(赤の丸)がでてそのあと25分程度保有したあと、イグジットサインがでています。これは逆張りというよりは順張りにちかいのですが、優勢の方向の戻りを狙っているのでこのようなサインになるんだと思います。おそらく大きいトレンドでの逆張りサインだと、万が一逆行すればかなり大きい損切りにあうでの、ツールに完全に依存して頼り切ってしまった場合に一発で資金を失う可能性もあるので、危機回避ということで戻りや押し目を狙ったロジックになっていると思われます。

完全にEasy Scal FXに頼ると危険!?

Easy Scal FXはその名の通り、イージー(簡単)という商材名ですが、ロジック的には複雑です。簡単ではありません。逆張りサインツールという販売商品なんですが、完全な逆張りではなく、トレンドに逆らわないトレードをするという感じのちょっと矛盾した内容のサインツールです。ですのでいいところでいえば、大きな損切りに合わないリスク回避が設定されているので、安心感はあります。

買い優勢の場合は、「買い」のエントリーサインがでて、売り優勢の場合は「売り」の矢印がでることが多いです。一目均衡表のようなインジケーターでの雲で判断してトレードを行います。雲の下であれば売り優勢、雲の上であれば買い優勢になります。

Easy Scal FXの得意相場

一目均等表のようなインジケーターであとは売りなのか、買いなのかを見極めるんですが、さきほども説明した優勢方向を確認し、サインツールだけに頼らずにトレードすることで、無駄なダマシサインを排除することもできます。Easy Scal FXでは得意相場があり、その得意な相場であればサインも有効にきいてくるのでサイン通りでもまだ安心してトレードできるかもしれません。Easy Scal FXが得意な局面としては「ボラティリティ」が発生している場面と相性がいいです。

ボラティリティー (ボラティリティー) ボラティリティー(Volatility)とは、一般的に価格変動の度合いを示す言葉で、「ボラティリティーが大きい」という場合は、その商品の価格変動が大きいことを意味し、「ボラティリティーが小さい」という場合は、その商品の価格変動が小さいことを意味します。

https://www.smbcnikko.co.jp/terms/japan/ho/J0280.html

ボラティリティが大きい相場であれば、逆張りのサインが表示されても、かなりの確率でサイン方向へと進んでいくことが多いです。ボラティリティがあると、どのようなツールでもけっこう利益獲得できる可能性が高いです。Easy Scal FXはこうした得意とする相場ではけっこう効き目があると感じました。トレードを行うのはメジャーな通貨でのあるドル円で5分足がベースになります。スキャルピングはほぼ5分足でのトレードが多く、レンジ相場でのトレードが多いです。ですが、Easy Scal FXを有効活用するとなればボラの小さい時間帯でのレンジ相場などはあまり良いトレードができないと思います。

Easy Scal FXのデメリット

Easy Scal FXのデメリットについて解説しておきます。Easy Scal FXの内容をデメリットに感じる人にはおすすめできない商材となります。そもそもスキャルピングを好まない人、スキャルピングを取り入れていない人にとってはEasy Scal FXは不要になると思います。そうした方はデイトレード主体でサインがでてくれる商材をおすすめします。

ドラゴンストラテジーFXの検証とレビュー【特典付き】

Black AI・ストラテジー FXの検証とレビュー【特典付き】

Easy Scal FXでのデメリットとしては、完全な逆張りツールではなく、少し複雑なロジックになっているため、期待できるほどの利益を取れない可能性があります。ボリンジャーバンドの反転などを狙ったロジックなどであれば大きな利益も取れますが、保有時間が長い割に獲得できるpips数は5pips程度に収まります。何度もエントリーチャンスとしてサインはでますが、サイン通りでは難しい結果となるでしょう。また最近のドル円は少しゆるやかでボラティリティが低めです。やりにくい相場になっているかもしれません。

勝率を維持するのは難しい?

Easy Scal FXでは勝率は7割とされていますが、この勝率を維持し続けるのは難しいと判断できます。さっきも言ったサイン通りでは損切りにあるリスクもありますし、実際に損切りにあいます。Easy Scal FXの矢印サインだけに頼ってしまうのは少し怖い面もあります。リスク回避として大きい時間足で方向を把握するというのも1つの回避方法だと思います。

Easy Scal FXの総合評価

Easy Scal FXでのロジックと内容、検証とレビューを行なってきましたが、最後にEasy Scal FXの総合的な評価をまとめておきます。Easy Scal FXは得意とする局面であれば、表示されるサイン(サイン)がほどよく機能してくれます。おそらくボラの高い相場であれば強いツールとなります。しかしドル円でも最近ではあまり動きが大きくなく、ボラの低い状態が多いです。そうした相場ではサインがしっかり働いてくれませんので注意も必要です。

スキャルピングを全くやったことがない方にとっては、エントリーサインとイグジットサインの両方が表示されるのでかなり便利かもしれません。エントリー後のポジション保有がストレスですぐに決済してしまう方などには決済サインがでてくれるのはありがたいものです。また最近多い、スマホとパソコンでのトレードにも対応しているので、空いた時間などを有効活用したい方には、便利になっています。

Easy Scal FXはパラメーターを調整するサービスが特典としてついてきます。これは販売者からの購入者特典です。パラメーターを変更することで最初に言っていた「得意相場」に合うように設定できるので、間違ったサインがでにくくなります。相場の状況でパラメーターを変えれるのは他にはない特典だと思います。良い局面で良いサインを出してもらうにはパラメーターの変更機能はありがたいです。

Easy Scal FXを購入する前に

Easy Scal FXを購入する前に公式サイトで、Easy Scal FXのサインがどう動いてどのように機能してくれるのかを見れる「リアルタイムチャート」がありますので、そちらを眺めてから購入するかしないかを判断されるのが賢明だと思います。購入する前に一度確認してサインの出方とか、イメージもわきやすいので購入する判断材料として確認してみてください。

【特典】

このブログからEasy Scal FXを購入してくださった方のみに、特典をお付けしております。当ブログでの商材を購入された方限定のインジケーターをお付けしているのでEasy Scal FXと併用してお使いいただけるかと思います。

特典としてお付けする「CU-I」は天と底を捉えて反転を狙ったり、サインツールなどであれば天や底付近にローソク足が近い状態でのサインはダマシとして回避することもできます。詳しいCU-Iの内容については、「ご購入者限定特典の紹介」で確認してみてください。優良な商材などのインジケーターやツールと併用すれば納得のいくトレードができると思います。Easy Scal FXを購入される方はこの特典もお付けしていますのでご検討してみてください。

Easy Scal FXを特典付きで購入される方はこちら▼

Easy Scal FX公式サイト【特典付き】

 

 

 - FX商材レビュー