トレンドラインproの検証とレビュー【特典付き】

トレンドラインproの検証とレビュー【特典付き】

トレンドラインpro検証とレビュー

トレンドラインproはその名の通り、トレンドラインを自動で描写してくれるインジケーターです。自動描写なのでトレンドラインを引いたことがない人や、トレンドラインを引くのが苦手なトレーダーには非常に助かるツールとなります。トレンドラインは僕もチャート上に表示させており、トレードをするのに活用できています。ラインを引くのと引かないのではかなり差がでてくることも毎日実感しています。

トレンドラインProの公式サイトでも実践的な内容や、トレンドラインProの内容以外にも記事が載っているのでぜひそちらも見てみることをおすすめします。ただ単純にシンプルにトレンドラインだけでトレードしている方も多く、一番早くローソク足の動きをとらえるのもこのトレンドラインです。標準搭載のインジケーターなども有効に使えばトレードできます。がトレンドラインはいち早く値動きを捉えるのでトレンドラインだけでも引くメリットが多いです。

ライントレードに変えて見方が変わる?

今までインジケーターだけでトレードを行っていた人にとってもライントレードに変えるだけで、チャートの見え方が変わるので手法も変わってきます。例えば僕なんかは有料のインジケーターなどを利用して利益を出していましたが、インジケーターを外して自分の裁量だけでトレードするとかなり利益が減っていきます。そうしたときにトレンドラインを引くことで動きの大きいときのブレイクなどで大きく利益を出すことができるようになります。ラインを引くことでブレイクの瞬間を瞬時に判断してエントリーもできるようになります。

スタンダードな手法で、今でもトレンドラインでトレードしているFXトレーダーは非常に多いと思います。ラインからのブレイクや反転などをうまく活用して、往復で利益を出すテクニックを持ったトレーダーもいますね。トレンドラインも最初は素人目線でラインを引くとまったく作用しないラインになることもあるので自動で描写するインジケーターは持っておいて損はありません。

トレンドラインを使った手法は?


トレンドラインProのトレード手法はいたってシンプルにレンジブレイクがメインになります。レンジ状態の場面を狙ってトレンドラインを超えたときにエントリーするタイミングでトレードを行います。レンジ状態は少ない値動きで上がったり、下がったりする状態です。レンジが続くと必ず大きく上がる、あるいは下がるといったブレイクが起こります。ラインを引いておくことでレンジからのブレイクをとらえることができるので、かなり大きな利益を獲得できます。

ブレイクアウト手法は、過去6億を短期間でたたき出したトレーダーのメインの手法で、いかに大きく利益を出せるかを実証されています。今ではドル円などはあまり大きな動きはありませんが、それでも朝の9時あたりからの動きのある局面を狙ってブレイクをすればその1回だけでもかなりの利益を出すことが可能です。(資金によりますが。)

トレンドラインを直接ローソク足に引いてあるのでそのラインを超えた(勢いよく)ときにすぐにエントリーします。その後ローソク足はぐんぐん伸びていくのであとは見守るだけです。トレンドラインも自動で更新していくのでチャートを見ているだけでいいというスタンスです。頭を使ってトレードする場面は比較的少ないです。

ラインを引いたことがない人は自動描写に頼るべき

トレンドラインProのチャート画面ですが、ラインをブレイクしているのがわかります。この局面では売りエントリーになります。ブレイクするとかなり大きく利益が伸びていることが確認できると思います。自動で描写されているツールでもこのようにブレイク待ちするだけでトレードが完結します。

僕もインジケーターに完全に頼ってトレードを行っています。ほとんどFXの知識がありませんが、優秀なインジケーターのおかげで利益を出すことができています。ラインも引いたことがなかったですが、こうした自動描写ツールは頼るべきだと思います。自分で引ける方はトレンドラインProのような自動描写インジケーターは必要ありません。ですがラインを勝手に引いてくれてブレイクを待つだけというトレードスタイルでもとくに問題ないと思います。要は利益を出さないと意味がないので、結果がすべてになります。

5月2日のトレード

5月15日のトレード

ラインだけでトレードをするのは少し物足りないというのであれば、ほかのインジケーターとの併用でも機能すると思います。サポートレジスタンスラインを引いてくれるので、高値、安値がどこなのかも見ているだけでわかってきます。知ったかで間違ったラインなどを引いてしまうと損失を出しかねません。そういう意味ではかなり役に立つツールになると思います。

ブレイクのダマシに注意!

 

ブレイクもラインを超えたからといって確実なものというわけではありません。ダマシもあります。ダマシに合うと今度はエントリー後とは逆の方向へと反転してしまいます。ボリンジャーバンドがあれば少し回避しやすくはなりますが、トレンドラインだけでは注意も必要になります。ラインブレイクを狙っているのであればこのダマシも回避する必要がありますね。ダマシに合ったらすぐに損切りしてそのトレードを見直すことをおすすめします。

イグジットのタイミングも勝ち逃げを狙うのであれば裁量で決済していくのもありだと思います。ラインをブレイクすれば伸びていくのと同時に、大きく戻ってくる動きをします。小心者であればここですぐに利確してしまいますが、ブレイク後はしばらくポジションを保有していても大丈夫です。数十分で利確すると資金額にもよりますが、数万は狙えるのがラインブレイクです。

トレンドラインProのデメリット

トレンドラインProの自動描写はすごい優秀なんですが、ラインを自動で引くインジケーターは他にも複数存在しています。下手すれば海外のインジケーターフリーなどのサイトでもインストールできます。日本でも自動描写するインジケーターが存在します。ですが、フリー(無料)のトレンドラインの場合は少しチャートがごちゃごちゃして、ラインがいたるところに引かれていますので少し混乱を招くかもしれません。トレンドラインProでなくてもそうしたフリーでもいいのであれば検索で「トレンドライン インジケーター」と検索すればでてきます。

トレンドProの総合評価

トレンドProの総合評価をまとめておきます。トレンドラインを主軸にトレードを行う人や、これからトレンドラインを取り入れていこうと思う方などは、自動描写してくれるトレンドラインProは価値のあるものだと思います。ですが自分でトレンドラインを引ける人や、チャートがごちゃごちゃするのが苦手だという方には必要ありません。トレンドラインProは僕的な評価でいえば「70点」という評価になります。

自動で更新も勝手にしてくれるのでかなり優秀ですが、初心者などに向けたインジケーターで中級者向けではないと感じました。トレンドラインProを購入せずとも、フリーでもチャートに表示して実践できるのも考慮してこの評価になります。

【特典】

当ブログからトレンドラインProを購入された方には特典としてオリジナルインジケーターをお付けしています。

特典としてお付けしているのは、「CU-I」という天と底をラインでとらえて、反転やトレンドの終わりなどを明確にしてくれます。これだけでも充分利益を出すことが可能ですが、ほかの優良なインジケーターとの相性もいいです。ダマシの回避や逆張りなどにも応用できてかなり利便性がいいです。ぜひこの機会に特典としてお受け取りください。なおCU-Iの詳しい内容については「ご購入者限定特典の紹介」で確認してみてください。

トレンドラインProを特典付きで購入される方はこちら▼

トレンドラインPro公式サイト【特典付き】

 

FX商材レビューカテゴリの最新記事