FX情報商材レビューブログ

ブレイクアウトで大きく利益を出す

   

ブレイクアウトで大きく利益を出す

ブレイクアウトで大きく利益を出すにはライントレードがおすすめです。直近の高値、安値にラインを引いてライントレードを行います。ラインを結んである状態からローソク足が突き抜けたらエントリーします。

ローソク足が抜ける直前には大きく動きが勢いをつけてきます。加速をつけて突き抜けるような感じです。勢いがある相場は突き抜けてからかなり伸びていきます。

5分足が一番初速を捉えるのに適していると思います。5分足だけを見るのではなく、日足→4時間足→1時間足の順に見ていきます。日足とか4時間足で上げ相場なのか、下げ相場なのかを判断していきます。大きな時間足で見るのは方向性だけなのでざっくりでいいです。

方向性が上げなのであれば買いエントリーを構えておきます。下げ相場なのであれば売りエントリーを構えておきます。

方向性を見てから5分足で細かい動きを捉えていち早くエントリーできるように身構えておきます。5分足が大きい時間足と同じ方向にブレイクしたらエントリーします。ダマシに合うときもあるので注意が必要です。なのでラインを抜けてからエントリーしても大丈夫です。

ラインを勢いよく突き抜けたのを確認してから冷静にエントリーしないと、勢いが弱かったら逆行したり、すぐに逆の方向にじわじわ戻っていくときもあります。素人なのでどういう状況が影響しているのかはわかりません。チャート上でしかトレードしないので経済ニュースなどは全く情報を得ていません。

優秀なインジケーターを使ってトレードするときもあれば、使わずにトレードするときもあります。インジケーターを全くチャートに表示させずにトレードするときもあります。

ライントレードを行うときがその状況です。チャート上にはラインしか引かずにトレードします。あてになるのは引いたラインだけです。自分で引いているので確実な正解のラインではない場合もあると思います。ライントレードする際はラインを自動描写してくれるインジケーターを使うとなお便利かもしれません。自分で引ける人は必要ないツールです。ライントレードでブレイクアウトだけを狙うのであればこうしたツールは価値を発揮すると思います。

トレンドラインproの検証とレビュー【特典付き】

 

ブレイクしたあとはラインは消していますが、ラインをストレートに突き抜けてローソク足が伸びていく瞬間はとても気持ちいいです。ストーンという感覚で勢いよく利益を伸ばしていくので、ラインをブレイクしたあとは数分で数万という稼ぎになります。ポジション保有時間も人それぞれですが、数分で終わります。スキャルピングはあまり行いませんが、スキャルピング専用ツールなんかを使うとおもしろいと思います。普段やらないFXのトレード手法も違う見方ができて新鮮さがあります。スキャルピングは難しいと言われています。素人がはじめてすぐに実践できるものではないということも聞きますが、そういう場合には投資としてサインツールなどを手に入れればいいと思います。スキャルピングのスキルを手に入れる時間を考えるとツールや商材などに使って時間短縮している方がいいと思います。

Easy Scal FXの検証とレビュー【特典付き】

恋スキャFXビクトリーDXの検証とレビュー【特典付き】

1秒スキャルFXの検証とレビュー【特典付き】

最近はこのライントレードを行っていて、1日にトレードする回数は減りました。そのかわり利益は大きくなって損失をあまり出さなくなりました。

ポジポジ病が治った?

いわゆるついついエントリーしてしまう病的なものをポジポジ病と言うみたいです。やっかいなことにこれは僕もポジポジ病です。あ、買いのタイミングだと自分で根拠なしにエントリーしてしまい逆行して損失を出すというのを繰り替えしていました。損失しかでないのでポジポジ病は治したほうがいいです。ライントレードを行ってからはラインブレイクしかエントリーしない、トレードを行わないと決めてチャートを見ないようにします。これによって無駄なトレードをしなくてすみます。また1回や2回の数回のトレードで終わるわりに利益は大きいので満足感を残したままその日のトレードを終えることができます。これは精神的にも大きいです。

ということでライントレードについて少し記事を書いてみました。初心者はとくにライントレードの喜びを知るとやめられなくなると思います。

 

 

 

 

 

 - FX手法