トレンドハンターFX検証とレビュー【特典付き】

トレンドハンターFX検証とレビュー【特典付き】

トレンドハンターFX検証とレビュー

トレンドハンターFXの検証とレビューについて書き綴っていきます。トレンドハンターFXのトレード手法や肝心の中身などを徹底検証、購入者はしっかりと利益を出すことができるのかをまとめていきます。それでは早速ですがトレンドハンターFXのメインとなるトレード手法について解説していきます。

トレンドハンターFXの手法は順張りトレンドフォロー手法

移動平均線を利用して利益を安定して出すことができる順張り手法で、押し目、戻り売りでエントリー、決済のトレンドフォロー手法になっています。押し目、戻り売りなどのトレンドフォロー系は過去にも多数情報商材がありました。その中でも5分足や15分足などとは違う「確実」なトレンドフォロー型の手法を用いた内容になっています。というのも5分足や15分足などの小さい時間足ではどうしてもダマシにあってしまいます。これは小さい時間足の特徴でノイズがあり、動きの激しさでエントリータイミングを間違えたりしてしまうからです。

トレンドハンターFXは大きい時間足「日足、4時間足」を利用したどっしり構えたトレンドフォロー手法になります。日足、4時間足であれば小さいノイズ、ダマシに合うローソク足の動きなどが排除され、大きな時間の流れでトレードを行うことができます。その分デメリットも発生しますが(デメリットは後程解説)、大きい時間であればまずダマシに合う確率を格段に減らすことができます。

大きい時間足を用いてトレードを行うということは「スイングトレード」というスタイルになります。

スイングトレードとは?

スイングトレードとは、数日間~数週間(数ヶ月)で売買を済ませてしまう短期売買のトレード方法です。

ちなみに数週間から数ヶ月に渡り、数銘柄のポジションを入れ替えながら売買していく方法をポジショントレードといったりもします。

スイングトレードとは?

 

トレンドハンターFXではスイングトレードを主軸にトレードを行っていきます。この時点で短期間のトレードに凝っている人は購入は控えた方がいいと思います。短期トレードで結果がでている人や、短期トレードスタイルを確立されている人にとっては、長期間のポジション保有はストレスになるかもしれません。僕も当初はそうでした。ですのでスイングトレード(長期トレード)をやらない人は必要ない商材かもしれません。

トレンドハンターFXの手法

日足と4時間足を表示させて「移動平均線」を表示させます。移動平均線はMT4に標準搭載されています。日足と4時間足の時間軸の違う移動平均線を見ながら、押し目、戻り売りを利用して利益を出すので、押し目のポイント、戻り売りのポイントを把握しておけばOKです。その点は商材の中で詳しく解説されています。短期間での足(5分足、15分足)であればブレイクを狙うと大きな利益を稼ぎだすことができます。ですがトレンドハンターFXのようにスイングトレードはブレイクなどの短時間での伸びなどは無視します。大きな時間足ならではの利益の出し方を学ぶことができます。

他にもサポレジラインを引いておくことで、順に利益を重ねていくことが可能になります。押し目、戻りはメジャーな手法で今さら感はあります。とくに新しい手法ではなく、比較的賢明な手法を取り入れた商材内容になっています。ですが今まで短期間でのトレード、デイトレードやスキャルピングなどで負け続けてきた人は一度方向転換でスイングトレードを採用してみるのもありだと思います。僕自身ここ最近はスイングトレードを取り入れています。短時間(5分足、15分足)などでブレイクを狙う手法にもハマりましたが、スイングトレードは短時間トレードよりもはるかにストレスが軽減されます。そういう意味でもスイングトレードをやってみたい、学んでみたい方にはいいかもしれません。

1時間足でもトレード可能なので、日足、4時間足から1時間足と方向性とトレンドを捉えて、押し目と戻り売りだけを狙ってエントリーしていきます。移動平均線にローソク足がいったん戻ってくる瞬間から次の足が動き出すときにエントリー、その後トレンドに沿って利益を拡大していきます。

矢印サインツールでエントリー

1時間足での矢印サインインジケーターの動作画面です。2つの移動平均線に戻ってきたところを矢印でも表示されています。これがエントリーのサインです。ですが矢印がでてすぐにエントリーする必要はありません。冷静に自分のタイミングでエントリーすればいいです。矢印は「このポイントは押し目、戻り」ということを教えてくれるサインです。また大きい時間足なのでよほどの経済の動きがない限り、大きな動きもありません。サインに従ってエントリーすれば大丈夫です。

トレンドハンターFXのメリット

今までの情報商材とは違い、シンプルなスイングトレード手法を取り入れた商材です。FXの難しい講義動画や、初心者向け動画などを見るのが嫌な僕は、こうしたわかりやすいサインツール付きで尚且つ、自分のトレードスタイルにあったものを選ぶのが好きです。プロトレーダーのFXの話は確かに身になりますが、飽きてきます。なのでトレンドハンターFXや恋スキャ、ドラストのようなわかりやすいインジケーターなどを購入する方が僕はいいです。

PLATINUM TURBO FX 2の検証とレビュー【特典付き】

ドラゴンストラテジーFXの検証とレビュー【特典付き】

トレンドハンターFXの矢印サインは押し目、戻りをわかりやすくするために標示されます。エントリーサインでもあるのでこの矢印を目安にエントリーしていくかなりシンプルな内容です。これが短期間で小さい時間足の矢印サインであればたまにダマシに合うこともあります。小さい時間足は短時間でエントリー、決済が完了するのでいいかもしれませんが、その分ストレスも同時に発生しています。たとえば動きの激しい時間帯であればブレイクしたと思ったら、すぐにローソク足が戻ってきた、損失がでたと思い、すぐに決済、また逆行していったなど、チャートを見続ける必要があります。そういう意味で疲れたトレーダーなんかはトレンドハンターFXの手法を取り入れてみてはどうでしょうか。

トレンドハンターFXではリスク回避方法も公開!

FXをやっていくうえでリスク回避、資金管理は必須だと言われています。元手を失った人は痛感しているはずです。スイングトレードとはいっても、チャートを見ない間にいつの間にか損失が膨らんでいるということもあります。そこでリスク回避としてストップロスの位置も資金などから計算して損失を最小限にする方法が公開されています。僕の場合海外のFX業者なので、追証がありません。なのであまりリスク回避は気にしませんがストップロスは一応設定します。リスク回避を身に着けておけば大事な資金を減らさずにすみます。

トレンドハンターFXの総合評価

トレンドハンターFXの評価をしていきます。内容としてはざっくりになりますが上で述べた通りです。

  • 日足、4時間足、1時間での大きな時間足で行うスイングトレード
  • 4時間足、1時間足なら1日で2回~5回程度のエントリーチャンスがある
  • 日足よりも4時間足、1時間足のほうがエントリーチャンスは多い
  • 推奨はユーロドル(ボラティリティが高いから)

などがトレンドハンターの内容のざっくりとしたまとめになります。

スイングトレードを主軸としたトレード手法で、短期トレードで失敗した人や、短期トレードのストレスを軽減したい人、短期トレードにはないスイングトレードの日によって利益が数倍になっている感覚を味わいたい人などはトレンドハンターFXをおすすめします。反対にスイングトレードはする予定はない人や、短期トレードでしっかり利益を出している人、ブレイクアウトなどが好みという方はトレンドハンターFXの購入はおすすめできません。

移動平均線を使ったシンプルな手法でトレードを行うので、新しい手法などではなく昔ながらの安定的な手法がメインです。矢印でエントリーサインが表示されますが、これも4時間足とかだと数回(2回~3回程度)と1日あたりのトレード回数は非常に少ないです。その代りつまらない感覚と引き換えに、しっかり安定した利益を出せる手法だということには間違いありません。

トレンドハンターFXを応用することも可能です。例えばスイングトレードのように大きな時間足でエントリーチャンスが来たということは、小さい時間足は大きなトレンドを迎えています。15分足なども同時に標示させておけば短期トレードに活用することができます。

【特典】

このブログからトレンドハンターFXを購入された方に当ブログ特典の「CU-I」天と底を捉えるインジケーターを無料でお付けいたします。トレンドハンターFXでは、大きな時間足でのスイングトレードですからあまりダマシなどに遭遇することはないかもしれません。どちらかというと5分足や15分足でのトレードでの天と底を見極めるために使用しています。

もちろん1時間足や4時間足でもCU-Iで天と底を表示させておけば、トレンドの終息や、転換ポイントがわかります。CU-Iの詳しい解説は「ご購入者限定特典の紹介」でご覧ください。トレンドハンターFXでの大きな時間足でのトレードの際でも1時間足、4時間足などで使用可能ですのでぜひこの機会にお受け取りください。

トレンドハンターfXを特典付きで購入される方はこちら▼

トレンドハンターFX公式サイト【特典付き】

 

FX商材レビューカテゴリの最新記事