損失を最小限にするというのはお金を稼ぐということ

損失を最小限にするというのはお金を稼ぐということ

損失を最小限にするというのはお金を稼ぐということ

FXや株など商売などのお金を使って、お金を稼ぐ世界では損失を最小限にすることはお金を稼いだのと同じことだということです。利益を得ようとすることには貪欲になれない人が多く、FXなどでも利益を伸ばしていけなくてすぐに決済してしまう人も多いはずです。利食いをすぐにしてしまうと早くに利食いしているのでもっと利益を伸ばせたはずのものを損しているということになります。

その一方で損失は、なぜか平気で持ったまま根拠なく損失を増やしてしまう傾向にあります。なかなか損切りできないという現象が起こります。利食いは早く、損切りが遅いのはこのさき絶対に稼げない人の特徴になります。

その一方で、損切りを早くして、利食いもギリギリまで持ち続けることができる人はFXでも株でもなんでも稼ぐことができる「マインド」を持っているということです。FXでは売り、買いの2つの選択で上がると思ったらその時点から「買い」を入れます。その逆も同じ。そこから逆行することは多々あります。しかし一時的に逆行することはあっても、またエントリーした方向へと利益を伸ばすことができればいいのですが、なぜかエントリー後逆行が進む場合でもまた持ち直してくるだろうという「根拠のない」考えでポジションを保有し続けてしまいます。これはよくあることでコツコツドカンのパターンになります。コツコツ勝って、ドカンと負けるという典型的な負けるパターンです。

エントリーしたあとの行動で変わる!

エントリー後、自分がエントリーした方向とは違う方向、あるいは違う動きをすればすぐに「損切り」します。損切りは早く行うことで損失を最小限に抑えることができます。これは必要経費と考えてそのあとエントリーした方向へ持ち直しても切り替えて次のエントリーに備えるという行動で、勝つマインドを作り上げることができます。損失は精神的にダメージ、ストレスを与えますが、考え方としては「必要経費を払って最小限に損失を抑えることができた。お金を稼いだんだ」という考え方でトレードしていくことが、利益を大きくする人の体質になっていきます。利食いの際もここで十分だというのではなく、貪欲になって伸ばせるところまでしっかり伸ばすことをいかに意識するかで変わっていきます。ついつい早く利食いしてしまう人、損切りがなかなかできない人に参考にしていただきたいです。ここまで書いたのは与沢翼氏による解説の中でおっしゃっていたことで、かなりためになると思い記事にしました。参考にしてみてください。

One Tap Trade FXの検証とレビュー【特典付き】

FX初心者でも安定して勝ち続けている事実

 

コラムカテゴリの最新記事