FX情報商材レビューブログ

ゾーン系のインジケーターはシンプルでわかりやすい

   

ゾーン系のインジケーターはシンプルでトレードしやすいです。たとえばこれはブレイクしていった場面での5分足です。ブレイクしてからは再描写するんですが、そこはあまり考えなくていいです。前日の高値、安値にゾーン(青、赤)で表示してそこをローソク足が超えたらエントリーしていくシンプルなトレード手法で、勝つ確率も上がります。

高値、安値の更新の際はドーンとブレイクしていくことが非常に多いです。更新して高値、安値を超えてスピード的にもかなり大きな利益がでるし、なにしろわかりやすいトレードができます。ゾーン系のインジケーターのゾーンを超えてきたらブレイクの兆しだと捉えてエントリーしていきます。トレンドラインでも同じことですが、自分で引けない場合は同じ効力のあるゾーン系でトレードしてみてもいいと思います。トレンドライン描写するインジケーターも優秀でわかりやすいですが、チャート上が線だらけになるというデメリットがあります。それに比べるとゾーン系のほうがごちゃごちゃしなくてすみます。

リペイントするけど優秀

ゾーン系のインジケーターは再描写(リペイント)します。しますが更新されたときに再描写ですのであまりダマシが少ない印象です。トレンドライン系も同じですが、見やすさは人それぞれですので意見は分かれると思います。ゾーン系はサポレジサインの位置にゾーンとして表示されているのでローソク足の動きをラインに比べると捉えにくい印象です。ラインがいいかゾーンがいいかは人に好みによると思いますので個人差があります。

僕の場合はトレンドラインでもゾーンでもけっこういけます。トレンドラインインジケーターのほかにもないか探していたところゾーンでサポレジ表示するインジケーターも存在していることを知ったので検証を兼ねて表示させています。

トレンドラインでも同じ効力はあると思います。とくにレンジ状態からの爆発的なブレイクを狙うのであればライン系のほうがやりやすいかもしれません。

トレンドラインproの検証とレビュー【特典付き】

ゾーン系でもライン系でも、サポレジを見やすく描写してくれるインジケーターはけっこう使えるという印象です。サポートライン、レジスタンスラインを自分で引くのではなく、データに基づいた描写方法で自動で勝手にやってくれるほうがトレーダーにはストレス軽減になります。素人トレーダーにしてみればかなり便利です。ラインとゾーンは人それぞれですが一度試してみるのもアリかもしれませんね。

Flash Zone FXの検証とレビュー【特典付き】

 - FX手法