損切りが早いほうが大きく稼げる

損切りが早いほうが大きく稼げる

損切りが早いほうが大きく稼げる

なぜか損切りにはなかなか踏み込めない人間の心理があります。おそらくこれは損をするという恐怖心から動けないのだと思います。これはFXをやっている方は必ず経験したことがあると思います。損切りをするということはもしかしたらまだ上がるかも、下がるかもという考えが頭をよぎるのでなかなか決済できません。ですが逆に利益がでたときはポジションを長く保有することなく、少し利益がでたらすぐに手仕舞いしてしまいがちです。これもFX経験者は最初のほうに経験すると思います。

実は大きく稼ぐには「損切りを早くする」ということが言われています。損切りを早くするとなぜ大きく稼げるのか?これは損失を小さく最小限にしておき、資金を減らさないことで次のトレード機会を増やすことができるからです。当たり前なようでなかなかそれでも損切りできません。

損切りほど勝てる手法はないと言われるほど損切りが素早いことはさらにFXトレーダーのレベルアップを期待できます。

損切りのタイミング

損切りをするタイミングはシンプルです。「思った方向と違う方向に動いたとき」が損切りのタイミングです。つまりエントリー後、逆行すればすぐに損切りします。これで損失は最小限に抑えることができます。「損切りした瞬間に予想の方向に動いた」なんてこともしょっちゅうあります。ですが損切りします。自分が予想した方向とは逆だったので、必要経費だったと割り切って損切りします。これで次は同じ局面で安易にエントリーしなくなります。

どちらにしても資金は必要です。無駄に思っている方向とは違う方向にお金を使うのはかなり無駄な行為です。すぐに決済してしまうことで次のエントリー機会と、資金を手元に残しておくことができます。損切りはなかなかできません。なぜか損切りしたのに思っていた方向へ伸びていったとかそういうことも多々あるのでかなり悔しい経験を何度も味わうことになります。

ですがこの経験が最短のレベルアップになります。そして「勝てるトレーダー」に素早く近づくことができます。思っていた方向とは違う方向へのエントリーはよくありますが、逆行すれば損切りします。1分足や5分足だとノイズもあるのでなかなか動きを捉えることが難しいです。なので大きい時間足、1時間足とか4時間足とかを同時に見ながらエントリーチャンスを待ちます。上がる、下がる要素が揃ったら迷いなくエントリーします。エントリー後の様子を大きい時間足を見ながら5分足など確認します。

これによって方向性があっているか、自分のエントリータイミングは間違っていないかを知ることができます。コツとしてはよく動くボラティリティの高い通貨でトレードするのがいいです。ボラの低い通貨などでは動きがとまったり、遅かったりでなかなか値動きがありませんのでやりにくいです。

損切りをマスターできれば、飛び級並みにトレードのレベルが上がります。勝てる局面でエントリーできるようになります。ぜひ損切りという山を越えてみてください。

FXで月1万稼ぐ考えのほうが逆にもっと稼げる?

稼ぐFXトレーダーはスキャルピングをしている

コラムカテゴリの最新記事