FX情報商材レビューブログ

FXで確実に利益が取れるダイバージェンスは1時間足で見る!

   

ダイバージェンスで利益を確実にとっていく

FXでのダイバージェンスはもうご存知かと思います。サブインジケーターとメインチャートが逆の動きをする現象です。これがおこるとそろそろ反転ポイントだということを確認することができます。5分足でも15分足でも1時間足でもちょくちょく起こる現象で珍しいものではありません。このダイバージェンスを利用して利益を確実することができます。1日に数回あると思いますがこのダイバージェンスを利用するだけでも新たにトレード手法として確立できると思います。

バカにしていたダイバージェンス

ダイバージェンスが起こることはネットや書籍などでも目にしたことがあります。ただなぜかけっこうバカにしていてトレードに取り入れていませんでした。おそらくわかりやすいサインではないと勝手に思い込んでいたからです。サインツールとかのわかりやすいシグナル系のサインばかりに目が行っていたせいでまったくダイバージェンスには興味がありませんでした。

ダイバージェンスを利用すると未来予想ができる?

少し大げさかもしれませんが、ダイバージェンスが発生していた局面にでくわせばかなりラッキーです。100%ではないですが、かなりの高い確立でそのトレンドが反転すると予想できるからです。反転ポイントに出くわすことができればそこは天と底の状態で今度はトレンドが終息するので下げ相場の反転なら「買い」優勢で上げ相場だった反転は「売り」を優勢できます。ということは「そろそろ反転するからエントリーの準備」というふうに構えることができるのでおおよそ未来予想トレードに近いことになります。

5分足で移動平均線200を表示させると…?

ダイバージェンスは1時間足が有効!

これは僕の体験談と実証している件なのであくまで参考までにしてください。これが5分足のほうがやりやすいという方や15分足のやりやすいという方はそれでもいいと思います。僕の場合は1時間足と5分足を2つ表示させて「1時間足でダイバージェンス発生」のあと5分足でエントリータイミングをはかります。

1時間足でサブインジケーターに「RSI」を表示させています。RSIでダイバージェンスが発生するのを確認します。1時間足などの大きい時間足でダイバージェンスが発生するとかなり高い確率で反転すると思います。5分足とか15分足とかならよく発生しますが反転しないまま更新していくこともしばしばなので1時間足がいいと思います。

上の画像はついさっきのチャートです。トレード中のものをキャプチャしています。サブにはRSIを表示させています。RSIのダイバージェンスでトレードしていきます。今回はちなみに100pipsほど取れました。

1時間足(右側)の赤線の部分がダイバージェンスです。ローソク足は切り下げて行っているのに対し、サブインジケーターのRSIは逆に上がってきています。つまりこれが反転ポイントです。これから反転していくパターンによく見られる現象です。ダイバージェンスが発生すればあとは5分足で上がっていくかを確認しながらエントリーします。これは保有ポジションによってはかなり利益がとれます。1時間足でダイバージェンスが発生していればかなり熱いと考えていいと思います。

1日に1回は1時間足でもダイバージェンスが発生しているのがありますので1つのトレードタイミングとして自分の中に落とし込んでおけば、いざというときに役立つと思います。

ダイバージェンスをより鮮明にわかりやすくするには、ラインを引いてみるのもいいと思います。

  • 1時間足でダイバージェンス発生を確認
  • 5分足で反転したタイミングでエントリー

以上の2つでトレードできます。手仕舞いはいきおいにもよりますが50pips~100pips程度を目安にしていますが、うまくいけばもっとポジション保有して利益を増やしていくといいと思います。なんせこの反転ポイントはかなり利益が取れるし、リスクもそれほど高くありませんのでぜひやってみてください。

ダイヤモンド・トレンドFXの検証とレビュー【特典付き】

 - FX手法