FX情報商材レビューブログ

ライントレードに有効な時間足は15分足!?

   

ライントレードに有効な時間足は15分足!?

ライントレードすることでブレイクアウトとか、サポートライン、レジスタンスラインとかが明確にわかるので非常に便利です。ライントレードは初心者からでも取り組めるトレード手法で、トータルで負け越している人ならなおさら取り入れると大きく利益増大に役立つ手法だと思います。ライントレードにもいろいろパターンがあって、これが正解というのもなければこれがダメっていうパターンもないです。でも引き方を完全に間違えるとうまく機能しません。

ライントレードをするにあたってどの時間足がいいのか、その時間足なら有効に機能するのかわからない人もいると思います。ただ高値、安値にラインを引くだけでも十分トレードできますが、トレードチャンスが少なかったり、そこまでチャートに貼り付けない方もいます。そのためには有効かつ勝てるライントレードをしていく必要があります。1分足、5分足、15分足、30分足、1時間足、4時間足、日足、週足とある中でデイトレードとか、短時間でトレードする方、スキャルピングなどであれば週足とか、日足はあまり見ないと思います。まぁ日足はその日の方向性とかを確認するのに見るのもいいです。

ライントレードで有効な時間足は15分足

これはあくまで個人的な見解なので参考までに考えてください。日足か1時間足などの大きい時間足からラインを引いてきてサポート、レジスタンスのラインを引きます。

FX水平線を利用したトレードでの利益の出し方

大きい時間足から水平線を引いてきて実際にメインに見る時間足は15分足にしています。エントリーするのは5分足を見ながら行いますが、動向を見るのは15分足です。というのも5分足だと少しノイズがあってすぐに手仕舞いしてしまいそうになるのと、見てる視点が小さいのでその先の動きがわかりにくくなるからです。大きい時間足で方向性を確認しておいたうえで、15分足で順張りです

 

本日のGBP/USDの15分足です。赤丸のところでラインにあたってから跳ね返って方向転換しています。ラインがあるとこういうのもわかりやすいです。ラインから引き返してきたときの赤丸のポイントでも売りのエントリーができます。ただこのときの通貨のいきおいはあまり強くないのでそこまで大きな利益にはなりません。でもこういうふうにラインが引いてあることでエントリーポイントを捉えやすいです。15分足で見てるのでそれほど大きいノイズもなくトレードにストレスを感じにくいです。

ライントレードで有効に機能すると言い切れるわけではないんですが、個人的に15分足で見るのが一番見やすいです。5分足でもいいと思います。やりやすい時間足でストレスのないトレードが一番理想です。僕の場合は15分足を使って比較的短時間のトレードが主になっています。

トレンドライン、水平線自動描写ツール▼

トレンドラインproの検証とレビュー【特典付き】

 - FX手法