FX情報商材レビューブログ

FXダイバージェンスの逆張り手法【5分足】

   

FXダイバージェンスの逆張り手法【5分足】

FXでのチャートでよく見られるダイバージェンスを利用した逆張り手法を紹介します。トレンドフォローだけではあまりうまく勝てない方に向いています。この逆張りを利用したことで利益が今までにないぐらい伸びたという手法でもあります。トレンドにうまく乗れない方は利益が大きくなりやすい5分足でのダイバージェンス逆張りを取り入れてみてもいいと思います。

ドル円5分足の画像です。チャートに表示しているのはサブチャートにRSI(14)だけです。ローソク足が値を切り下げているのに対し、RSIは斜めに上がってきているのがわかります。黄色の細い斜線がそれを示しています。シンプルにこの現象が起こればトレンド転換で下がっていたのが今度上がっていく前兆になります。

赤のSはストップで、黄色のEはエントリーになります。ダイバージェンスが発生すればトレンドが終わって今度はさっきまでのトレンドとは逆に動いていきます。これけっこう1日の中でもよく見られます。とくに5分足だと多いです。なのでトレードチャンスは多めです。その分5分足ですので1回のダイバージェンス発生で得られる利益も数pipsから数十pipsほどと考えてください。

トレンドフォローがうまくいかない方向けの手法

なかなかトレンドフォローで結果がでないということが続くとモチベーションが下がります。ですのでここは逆転の発想で逆張りを実践します。リスクもそれほど大きくありません。というのも逆張りを狙っているのでそのままエントリー方向と逆をいけばすぐに損切りします。損切りは重要なのでダイバージェンスだからイコールトレンド転換ということもないので損切りはすぐにできるようにしておきます。

損切りが早いほうが大きく稼げる

このままトレンドが続くと予想した投資家たちとは逆にエントリーするので少し勇気はいると思います。ですがうまくいけば最安値、最高値からエントリーしていくので利益を絞り取るイメージです。トレンドフォローで乗り遅れたり、エントリーしたらすぐに逆行してストレスだという方にはぜひ実践していただきたい手法です。

FXで少額の利益を伸ばす方法

 - FX手法