FX情報商材レビューブログ

平均足で勝つ手法【推奨】

   

平均足で勝つ手法

FXダイバージェンスの逆張り手法【5分足】

FXで少額の利益を伸ばす方法

かなりおすすめな手法です。平均足を使って勝つ手法を紹介します。これはかなり使えるので推奨しています。合うか合わないかはご自身でやってみるといいと思います。ローソク足ではなくラインチャートにしてトレードします。実際にラインチャートでトレードしている人は少ないかもしれません。基本的にはローソク足がメインでトレードしていると思います。ただローソク足は上下の動きがあります。それによってエントリーを迷ったり、タイミングをうまくつかめないということがあります。そういう方や、チャートの雰囲気や景色を変える意味でもラインチャートにしてみてトレードするのもいいと思います。

上の画像の左側がラインチャートです。右が通常のローソク足です。時間足も通過も同じです。移動平均線を表示していますがこれも使います。ラインチャートにすることでシンプルなノイズのないチャートができます。非常に見やすいのでトレードする視覚がまた変わります。

このラインチャートに平均足を追加します。サブチャートにはADXがあればな良しです。ADXでトレンドの強さを確認します。平均足とラインチャートでトレードしていく手法の具体的な内容をまとめます。

  • ADXが上昇中かを確認する
  • 時間足は15分足が推奨だが時間足は好みでいい
  • 移動平均線(20EMA)よりも上に突き抜けているのを確認する
  • 平均足の色が変わってから2本目を基準にエントリーする
  • ADXが下降したら決済する

少し説明が下手なのでわかりにくいかもしれませんが、平均足の色が変わってからの2本目をエントリーしていく感じになります。もちろんこれは移動平均線の傾きで判断します。上昇トレンドか下降トレンドかを知るためです。

赤丸はADXの上昇を確認しています。赤の矢印はエントリーポイントです。移動平均線よりも上に白色の平均足があるのが条件です。色が変わってから2本目以降でエントリーを待ちます。トレンドを描く前にエントリーして順張りで平均足の色が変わり切るか、ADXの上昇が終わったら決済します。ここまでは買いのパターンですが、売りの場合も同じです。

ローソク足ではダメなのか?

ローソク足と平均足を表示すると個人的には見にくいのでラインチャートにしています。もちろんローソク足と平均足だけでもいいと思います。ただラインチャートのほうが見やすいというだけです。ラインチャートのみでトレードする方法もあるようですが、さすがにそれは僕はやってません。ラインチャートと平均足は相性がいいと思います。かなり見やすいチャートになるのでトレードしやすいです。

また平均足を表示して色で2本目というのもトレードルールに入れているので余計なことをしなくなります。平均足と移動平均線だけでもいいかもしれませんがADXを入れることで勢いを確認できるので騙しを免れることも可能になります。

この方法はかなり推奨です。ローソク足をベースにしているときよりもかなり勝てる手法で他のところでも出回っていると思いますが僕的にはかなり良い手応えです。平均足は今まであまり使ってきませんでしたが、こういう「色が変わってから…」というルールを知ってからは平均足は良いインジケーターだと感じます。わかりやすく勝てていないと悩んでいるならぜひ取り入れてみてください。

ドラゴンストラテジーFXの検証とレビュー【特典付き】

 - FX手法