FX情報商材レビューブログ

ボリンジャーバンドの順張りで利益を積み重ねる手法

   

ボリンジャーバンドの順張りで利益を積み重ねていく手法についてかいていきます。僕的にはボリンジャーバンドはけっこう使えます。閉じたり開いたりして相場のいきおいや強弱をすぐに判断できるからです。エクスパンションという現象が起こればそのまま順張りでエントリーして利益を出すことができます。また開いた状態からであればまたそのいきおいが戻ってくるので逆張りもできます。

応用を利かすことができればかなり良いツールなるのがボリンジャーバンドです。ボリンジャーバンドをチャートに表示させているのに利益を出せていないとか、負けているとか、ボリンジャーバンドの使い方や応用の仕方がいまいちわからないと悩んでいる方もいるようです。

この画像はボリンジャーバンドです。開いたり、またその開きが小さくなって閉じたりといろんな動きをしています。一番わかりやすいインジケーターとしても人気なんですが、このボリンジャーバンド単体で勝てる人はいいです。ですが僕もそうなんですがボリンジャーバンドだけで利益を出して勝ち続けることができません。それはボリンジャーバンドを使うにあたっての明確なルールがないからです

明確なルールがあればそれに従ってトレードするだけです。ですがボリンジャーバンドで一度負けたりすると気に入らないのでポジポジ病に変化していきます。せっかく良いインジケーターなのに使い方が荒れていきます。そうするとボリンジャーバンドで勝てないという負のループに陥ります。これではもったいないのでボリンジャーバンドでの順張りや逆張りといった明確なルールを設定する必要があります。

ボリバンにタッチサインで勝っていく手法

ボリンジャーバンドにタッチしたのをサインとしてとらえてトレードしていく手法などを取り入れます。これがシンプルで一番わかりやすいです。ローソク足がボリンジャーバンドの+2σ、-2σのどちらかにタッチしたらエントリーという手法です。けっこう一般的でよく見る手法です。ボリンジャーバンド初心者はこれ使ってみるといいと思います。僕もこれから入りました。

ボリンジャーバンドの順張りで利益積み重ねる手法

一般的でよく用いられる手法を紹介しましたが、これだけでは多くの利益を積み重ねるのは難しいとも言えます。なぜかというと簡単でシンプルなゆえにルールを崩してしまいがちだからです。あとボリンジャーバンドで開いたらすぐにエントリーしてダマシに合うことも多いです。そこで僕が使っているのが最近販売されていたツールです。

ボリンジャーバンドと同様のインジケーターが複数重なったインジケーターで、エントリーサインのシグナルがでます。僕は何度もこのブログで言っているようにツール依存のトレードばかりです。それで生活してます。でこのツールは標準搭載のボリンジャーバンドとは違い重なった状態で表示されます。ボリンジャーバンドに固執しずぎずトレードできます。ボリンジャーバンドは相場の勢いがあれば開く習性があります。そこで開いた状態(いきおいが強い)局面で利益を何度も出せるように追加エントリーサインがでます。これが他にはないツールの強みです。

ボリンジャーバンドのエントリーのタイミングを逃して次の反発を狙うまで待たないといけませんが、初動のエントリーのタイミングを知らせてくれるのはこうしたツールしか今までみたことありません。そのシグナルにそのまま従って大丈夫なのか?と不安も最初はありますが、かなり高確率で利益を出せます。

普通、ボリンジャーバンドだけでトレードするのであれば、エクスパンションが起こった状態のトレードになります。そこから終息していくまでに必ず手仕舞いしてしまう僕でしたが、このツールが次の決済サインを知らせてくれるので手仕舞いまで長い間のポジション保有が可能になりました。ローソク足が伸びて利益が伸びている間はいいのですが、戻ってきたときにすぐに決済していました。するとまだまだ伸びていってせっかく利益をもうちょっと出せたのに!と悔やんでしまうトレードばかりになってしまいます。ツールに完全に身をゆだねてトレードすると最後の最後まで順張りでも充分な利益を出すことができます。

僕が最近購入したツールでかなり気に入ってます。今までよりも開発の技術が上がっているのか、トレードするのにポジションを長くできない悩みがこれでなくなってます。このツールを抜きにした状態と、表示しているときと同じチャートでもまったく違うように見えます。おそらく錯覚状態なんですが優良のインジケーターを表示すると今までど素人なルールのないトレードしかできなかったのが、大きくかわります。一度それも体験してみてほしいです。

プロフェッショナル・トリガーFX検証とレビュー【特典付き】

 - FX手法