FX情報商材レビューブログ

レンジ(ボックス相場)で初心者が大きく勝つ手法

   

レンジ相場にも種類があります。高値と安値が一定の場所で揃っている状態と、トレンドが発生せずに緩やかに平行線を形成しているときと2つあります。ボックス相場っていうのが、高値安値が一定の水平線で同じ位置にあってブレイクしやすい状態です。この状況の相場であれば初心者からすぐにというか一気に利益を出せます。

 

長期足でブレイクアウト

使うのは4時間足です。15分足とか1時間足とかでもいいんですが、4時間足のほうがいいです。4時間足に20SMAを表示します。

こんな感じです。最近はいきおいの少ないドル円の4時間足と20SMAです。ここでブレイクアウトしていくには20SMAの傾きを見ます。今このチャートではやや右肩上がり、上昇トレンドか、やや横ばいといった微妙な感じです。そこで水平線をローソク足に合わせて引きます。ヒゲでもローソク足でもいいです。水平線を引くことでブレイクの位置を把握しやすくなります。

ブレイクアウトで大きく利益を出す

多くのトレーダーがラインを引いて、レンジの状態から逆張りを仕掛けてきます。そこで逆張りがうまくいかずに損切りが集中することでブレイクアウトの現象が起こります。急上昇、急下降を狙うのがブレイクアウトです。ラインを引いてトレードすると非常にわかりやすく、負けにくいです。また大きな利益をだせます。

 

どんな通貨でも通用する

最初にも言った通り、ドル円はあまり動きがなくて利益も出しにくいので、勢い(ボラティリティ)のある通貨でトレードするのがおすすめです。ドル円にこだわる必要はないと思います。僕もドル円では最近トレードしてません。勢いがないからエントリーしてからも待ってることが多いです。長くチャートに張り付いてってなるのが嫌でやめました。

 

初心者が4時間足でトレードするのはまず、ノイズの多い時間足でやると、ついつい何度もエントリーしてしまいがちになるからです。負けが続くとモチベーションも下がるし、ギャンブルみたいなトレードしてしまいがちになるのであまりおすすめではないです。でも短時間でのトレード好きな人は15分足とかでもやっていくといいと思います。

 

ブレイクアウトも狙えるときは狙いますが、基本的には天と底を捉えるツールを使用してます。このブログからの購入者特典のオリジナルインジケーターです。「ご購入者限定特典の紹介

レンジでも、トレンドでも使えます。どちらかというと逆張りです。ただ大きい利益が出せます。矢印はあまり気にしなくていいです。現在の天と底をラインで囲っているインジケーターです。ローソク足が天(赤ライン)についたら、売りで、底(緑ライン)に触ったら買いというような感じでエントリーします。レンジ相場が小さい幅ならエントリーは控えます。でないとすぐに戻ってきてあまり利益が出せません。

 

シンプルなエントリー方法で、ラインに触れたら逆張りを仕掛けるので、これでだいたい月に70万から100万前後取っています。生活が一気に変わるので僕自身は会社員をやめました。副業でも稼げるとあってFXをはじめましたがそれほど知識とかはないです。僕のスタンスはあくまで販売されている有料のインジケータやツールでどこまで稼ぐかをコンセプトにやってます。ただ自分が思っているよりも大きく稼ぐことができたのでよかったです。

僕がFXツールだけに頼る理由

 - FX手法