ストキャスティクス最強かも?

ストキャスティクス最強かも?

ミリオネアトレードFX【ミリトレFX】の検証とレビューしてみます

最近は標準搭載のインジケーターでのトレードも楽しんでいます。ここ3、4日ほどやってるトレード手法があるんですが、それがストキャスティクスを使った手法になります。

元々ストキャスティクスのようなクロス系のインジケーターはけっこう好きなほうです。というのもシンプルにエントリーポイントがわかりやすいからです。

ただストキャスティクスでも弱点はあります。なので使う場面を限定して検証していってます。

ストキャスティクスを使ってのトレードはもしかしたら最強かも?って思える結果もでました。というのも勝率自体は気にしてなかったんですが、獲得できた利益が思っているよりも多かったので、もしかしたら使う局面によっては最強のインジケーターかもって思います。

 

ストキャスティクスは基本的にクロスでエントリー

ストキャスティクスは、20から80のラインを表示して売られすぎ、買われすぎを確認するためのインジケーターです。で、通常のラインと、点線との2つで成り立っています。この2つの線がクロスしたらエントリーしていくっていうのが基本的な手法だと思います。

よく使われるのがゴールデンクロスとデッドクロスでのエントリーです。僕もこのクロスをしたのを確認してエントリーしてます。ただ使う局面が今まで適当なうえ、なにも考えずにエントリーしていたのでいわゆるダマシというか逆行に合うことが多かったです。

そこでストキャスティクスをうまく活用する方法を見つけました。たぶんやっている人もいるかもしれないし、目新しい手法でもないと思いますが、かなり勝てたので紹介しておきます。

トレンドを確認して戻り売り、押し目買い

レンジのときは検証していないので、レンジ相場では機能しないと思います。トレンドを確認して戻り売り、押し目買いをストキャスティクスでトレードします。

  • 1時間足でトレンドが発生しているか確認する
  • 移動平均線を25、50、75の3つ表示してトレンドを確認する
  • 1時間足でトレンドが発生してるのを確認した後移動平均線に近づいてきたところとストキャスティクスが20または80付近でクロスした後エントリー

移動平均線とパラボリックを組み合わせた手法

画像は上昇トレンドで押し目買いを狙える局面です。移動平均線に近づいたら買いエントリーを構えておきます。ストキャスティクスが20ラインの付近でクロスして上がってくるのを待ちます。

そのあとクロスしたらエントリーするという感じになります。

いかがでしょうか。こういう局面は1日のなかでは少ないかもしれません。なので複数の通貨ペアでこういう場面になっていないかを確認してトレードします。

ドル円だけにこだわらずほかの通貨でもトレンドが発生しているかもしれないのでそこを狙ってストキャスティクスを使って押し目買い、戻り売りを試してみてください。

ドラストFXの2018年の実践結果

FX手法カテゴリの最新記事

google-site-verification: google90d7a959044a22d8.html