FX情報商材レビューブログ

ドラゴンストラテジーFXの検証とレビュー【特典付き】

   

ドラゴンストラテジーFXの検証とレビュー

ドラゴンストラテジーFXの検証とレビューをしていきます。ドラゴンストラテジーFXは僕が最初に購入したFX商材です。シグナル系で、あるポイントがくるとシグナルでアラート表示されます。ドラゴンストラテジーFXを検証しレビューを行う上で結論から言うと、非常に「優良FX情報商材」になります。

それでは優良と評価するドラゴンストラテジーFXの概要とレビューを今から解説していきます。

初心者でもすぐにトレードできるシンプルさ

僕が10万円をただ漠然とトレードし、失ってからこういったFXの情報商材などに興味を持ちました。詐欺的なものもありなかなか見つからない状況でしたが、ドラゴンストラテジーFXを高評価しているサイトやブログを発見し購入しました。ドラゴンストラテジーFXを購入してからも、僕はFXの知識はほとんどなく(相場の動きがわからない)、こういうインジケーターに完全に依存した状態でトレードを行っていました。ドラゴンストラテジーを使ってからは、コンスタントに利益を出すことができているんですが、そのトレード結果が以下になります。

4月3日から6日までのトレード結果

4月2日のトレード結果

まだ日が浅いですが、ご覧の通りFXだけで生活できるほどの収入になっています。大きく勝つときもあれば、小さい利益だけで終わる日もありますが、負け越した日がありません。過去に収支報告ブログを運営していてそちらにもドラゴンストラテジーFXのトレード結果を載せていました。もう購入してから2年以上になりますが、負けた日は数える程度におさまっています。

ドラゴンストラテジーFXを表示させる

まずドラゴンストラテジーFXで「ドラゴンメーター」と呼ばれる、その日のトレンド状況などを表示させているものです。このメーターによって上昇傾向なのか、下降傾向なのかを見ていきます。大きく矢印がでていますが、このときは上昇傾向にあるので、「買い優勢」になります。ですので買いを優先してエントリーしていくと判断できます。このドラゴンメーターを表示させることで、傾向を見るのと同時に、時間も表示されているので次のローソク足が出る時間を残り時間でカウントしてくれます。

また真ん中のメモリ(ー80~80)はトレンドの強さを表しています。たとえば画像のようであればニュートラルな状態ですので、相場の動きが「弱い」と判断できます。したがって今はエントリーするタイミングではないと判断できます。

次に表示しているのは、「ドラゴンアローズ」と呼ばれるインジケーターです。この赤と薄青と大きいグリーンの矢印がドラゴンアローズになります。この矢印が表示されると同時に「アラート」で「buy(買い)」か「sell(売り)」を教えてくれます。矢印が点灯しアラートが鳴った場合は、必ず動きがあると覚悟してトレードを行うことができます。この画像の場合は赤の矢印(売り)が表示されたあとにいったん下がっています。これでも利益を確保したあと、グリーンでも大きく上昇トレンドを形成しています。このアラートに従ってトレードを行えば、短時間で大きな利益を上げることができます。

次に「ドラゴンバンド」について説明します。ドラゴンバンドは点線で表示されている白のバンドのことです。このドラゴンバンドは利確などに使います。たとえば矢印(エントリーするアラート)が表示しても、このドラゴンバンド付近にローソク足があれば、それほど利益を伸ばせない可能性があります。そしてエントリーしたのちローソク足がバンドに触れれば利確といったように、バンドまでローソク足の動きをサポートする役割があります。一見ボリンジャーバンドににていますが、よく似た動きをしています。ドラゴンバンドは僕のインジケーターではこのように表示されますが、ほんとうは以下のように表示されるようです。

僕のMT4では表示されますが、公式サイトとは少し違った表示になっています。ですが、機能に問題はありません。バンドを表示させることで、トレンドが発生すればバンドが開く、レンジ相場ではバンドが狭まった状態と、動きによってわかりやすく表示してくれます。

この3つを駆使してトレードを行うのが、ドラゴンストラテジーの特徴です。2014年に販売されて今現在でも売れ続けているようで、非常に人気が高いことが伺えます。僕もドラゴンストラテジーFXを購入してから自分での裁量トレードをすることはほとんどなくなりました。素人の僕が完全に依存したい優秀なインジケーターです。

ドラゴンストラテジーFXが向いている人、向いていない人

ドラゴンストラテジーFXの検証とレビューをしてきましたが、ざっくりなのでわかりにくかったかもしれません。僕の場合個人でFXで生活していこうと思うと、こうした少し高額でも優良なインジケーターに頼る方法しか見つかりませんでした。依存して頼ってトレードを行っていますが、今では後悔することなく生活できています。僕の場合時間があったのでチャートに張り付いたり、パソコンをつけっぱなしでいられたので、ドラゴンストラテジーFXのアラートを見落とすことなくトレードできています。

しかし、仕事などでチャートに張り付いたりできない人は、ドラゴンストラテジーFXは向いていないかもしれません。というのもドラゴンストラテジーFXは、上記でも解説した「ドラゴンメーター」「ドラゴンアローズ」「ドラゴンバンド」によってチャートの動きをとらえ、ポイントになるとアラート表示してくれるのですが、チャートから離れなければならない人にはアラートを見落とす可能性もあるからです。せっかくのエントリーチャンスを失って、それを何回も繰り返すと、ある意味損失になります。

ですので、時間を確保しチャートを開いて動きを眺めることができる人はドラゴンストラテジーFXは向いていますが、チャートに張り付けない人は向いていないと思います。

また、ドラゴンストラテジーFXは基本的に5分足でのトレードになるので、エントリーチャンスが多いこともありますが、少ない日もあります。そうした中でエントリーチャンスを見逃さないようにトレードできる人はドラゴンストラテジーFXに依存してしまってもいいかもしれません。

ドラゴンストラテジーFXのデメリット

それではドラゴンストラテジーFXのデメリットについて解説していきます。どんな優れたインジケーターでもデメリットは存在しています。それはロジック的な部分にも触れますが、ADXの上昇も含めてのエントリーチャンスが来るのですが、それが初動でアラートがでているにも関わらず、逆行してしまうことがあるからです。また逆行だけでなく、「買い」のアラートがなってもなかなか相場が動かないというこもしばしばおこります。どんなインジケーターでも言えることですが、いわゆる「ダマシ」が存在しています。

ダマシを回避するためにもすべてのアラートに従ってしまうのも危ないトレードになります。優れたインジケーターがゆえにこの「ダマシ」を回避したいものです。ダマシ(エントリーした方向とは逆)にあうとモチベーションも下がって、さらには利益も損失を出してしまいます。

オリジナル特典

ドラゴンストラテジーFXでのダマシを回避するために僕がつかっているインジケーターを紹介します。このインジケーターをドラゴンストラテジーFXと同時に表示させることで、「ダマシ」を回避することに役立っています。これによって負け越すこともなくなり、さらには大きな利益を出し続けています。オリジナル特典の内容はご購入者限定特典の紹介で詳しく解説しています。

このブログからの「オリジナル特典」として天と底をとらえる「CU-I」をおつけします。このオリジナル特典のインジケーターを併用することで、ドラゴンストラテジーFXのダマシを回避し、損失を免れるようになります。ご興味のある方はぜひこちらからオリジナル特典も一緒に購入してみてください。

特典付きで購入する方はこちら▼

ドラゴンストラテジーFX公式サイト

 - FX商材レビュー