FXで損切りしたあとに反転するのはなぜ?

FXで損切りしたあとに反転するのはなぜ?

FXトレードしている人でこれよくあるパターンだと思います。「損切りしたあとに反転する」というパターンに困っている人多いと思います。僕もこれには悩まされました。

実際にトレードしていて、損切りが重要なのは承知ですが、それでも損切り後に反転というパターンはFXを始めたころによく引っかかっていて、損をしてばかりでした。イライラもつもります。

損切りのあとの反転

多くのFXトレーダーが同じような局面でエントリーしているので、相場の動きは複雑になります。同じような心理でエントリーしているのが反映されて、その反映された動きがチャートの動きです。

そもそも損切りしたあとに、ダマシをかけるようにチャートが動くというのが結論になります。

ただこのあとの行動によって大きくトレーダー人生を変えると思います。

損をした分大きく成長できる

損切りしたあとの反転するポイントをデータとしてとっておくと今後のFXトレードにかなり活かせると思います。分析する材料として印刷しておいておくのもいいですね。MT4にもそのときのチャートを印刷できる機能もあるので、損切りしたあとどういう動きをしているのかをデータとした残しておいてあとで分析すれば次はそのダマシに合わない可能性もアップします。

FXツールを使って回避

僕の場合なんですが、僕は完全にFXツールに頼ってトレードしているので分析も数回した程度です。でもよく「損切りが重要」なんて言われるので一度自分の力だけでトレードして実際に損切りのあとの反転のデータを印刷したこともありました。

ただ分析データが少ないのでもっと損切りの部分と、そのあと反転していくパターンを見抜くことができなかったんですが、ツールに頼ることでメンタル部分は安心してトレードできるので僕の場合は今のところFXツールだけで利益を出すことができています。

損切りが早いほうが大きく稼げる

FXツールを購入してトレードに使うことで、サインツールに従ってトレードできます。そしてそれは安心感を与えてくれます。たとえば自分に自信のない局面、根拠のない局面でエントリーするとします。でもそのあと大きく損をすると次のトレードではびびってしまいます。

一方でFXツールのサインが出ればしっかりストップをおいて、サインに従ってエントリーします。それが仮に損切りにあったとしても次のチャンスを待つことができます。

おそらく心理的に「ツールのせい」にできるからですね。当ブログで紹介しているFXツールは高機能なものが多く、サイン系であったり、細かいロジックによるものだったりとさまざまです。

シンプルにエントリーサイン、決済サインがでてくれるものが一番使いやすいです。もちろん標準搭載のインジケーターでトレードできる方はそれでもいいと思います。ただ僕の場合はFX開始直後に10万円損をしているのでそれがFXツールに頼るきっかけにもなりました。

損切りのあとの反転を回避

損切りのあと反転するというポイントを自分でデータを取るか、僕のようにツールによるトレードでいくかは個人の判断ですが、僕が推奨するのはツールのサインに従って、しっかりストップをおいてトレードを行う手法です。それによって損切りにあってそのあと反転するという悩みを解消されます。

たとえばツールは相場が動きている時間帯すべてエントリーチャンスを表示してくれます。いろいろな条件が揃ったときに初めてサインを出してくれるのでそれにただ従うだけです。

プロトレーダーでも1回も負けないということはないはずです。1回損切りにあったことよりも、次の大きなチャンスを待つスタンスでいくのがいいです。

またサインツールも毎日見ていると、だいたいの動きが見えてきます。

当ブログおすすめFXツール

プロフェッショナル・トリガーFX検証とレビュー【特典付き】

ドラゴンストラテジーFXの検証とレビュー【特典付き】

 

 

コラムカテゴリの最新記事