FXの失敗例で一番多いのがこれ!

FXの失敗例で一番多いのがこれ!

FXを現在やっている人も、これから始める人もFXでの失敗例は覚えておくと今後のトレードに活かせると思います。勝つ手法ばかりをついつい追ってしまいがちですが、失敗例を知っておくとこれからトレードで失敗しなくなります。

そこで今日はFX初心者がとくにやってしまう一番多い失敗例を紹介します。いやいや私はこんな失敗しないよって人でも怖いFXの失敗例を見れば納得してしまうと思います。それではいきます。

冷静さを失うトレード

初心者はとくになんですが、まだトレードのコツというかポイントやルールを備えていません。自分なりのトレードルールを持つことができればそこまで怖い思いをしなくてもいいかもしれません。

ですがエントリーしたあと逆方向にいったり、勝てると思ったポイントでポジションを持ったら逆行っていうのが一番冷静さを失います。

「あーまた逆行しやがった!」となって根拠のないところでエントリーしてしまったりします。それが一番怖く多いパターンです。

ギャンブル性のあるものはすべてこういうパターンで消えてしまう人が多いようです。1人でモクモクとトレードしていれば冷静さを失う気持ちはすごくわかります。この冷静さを失わないためにはどうするのかを解説します。

ルールに従ってトレード

簡単そうでできませんこれが。ルールに従うだけで上記の失敗の9割ぐらい減らすことができます。ルールに従うパターンはそれぞれですが、僕の場合はFXツールだけでトレードしているのでFXツールのルールにのみ従ってトレードしています。

これによって冷静さを失うトレードをしなくなりました。というのも「ツールのせい」にできるからです。エントリーした瞬間から自分の手元からお金が投げられます。その投げたお金が増えるか減るかでかなりメンタル面にも影響を及ぼすFXですが、今は便利なものでツールが多く販売されています。

そのおかげで生活の水準を上げることも可能になります。→FXで生活が変わった

ルールに従うことはやみくもにトレードするのをかなり防ぐことができるので失敗をへらすことができます。

ポジポジ病になる

さきほどの冷静さを失うとポジポジ病になります。FX開始そこまでたっていない初心者トレーダーの多くがこれを体験します。ルールに従うことが重要だとわかっていてもポジポジ病になってしまいます。

ポジポジ病の症状

  • 根拠のないポイントでエントリー
  • さっき負けたから今度は勘でエントリー
  • それを何度も繰り返す

これがポジポジ病の症状ですね。僕がよくなった症状です。でもこれを改善したのがFXツールです。だから当ブログでもFXツールをかなりおすすめしています。

FXツールなんてたいしたことないと思っている方は一度買うと驚くと思います。強制はしないですが、FX失敗ばかりな人や失敗するのが怖い人にはFXツールはかなりおすすめです。

1週間で5万円損をしたらFXをやめるべき?

 

 

 

コラムカテゴリの最新記事

google-site-verification: google90d7a959044a22d8.html