移動平均線3本とボリンジャーバンドでトレード後編

移動平均線3本とボリンジャーバンドでトレード後編

先日移動平均線3本とボリンジャーバンドのトレード手法の記事を書いた後編です。前回書いたのはこのトレード手法が通用するのかという検証前の記事でした。

移動平均線3本とボリンジャーバンドの手法

トレードの条件は前回の記事で確認してみてください。

で、先日手法を検証しようと思ったんですがなにせ記事を書いたのが休日だったためチャートはストップしていたので検証できませんでした。

平日のちゃーとが動いてから念の為デモですが検証してみました。

5分足で実践

今回ドル円の5分足で移動平均線3本(SMA20、50、100)とボリンジャーバンド3σを表示させてトレードしてみました。ちなみにデモトレードです。

まず黄色の丸3個は移動平均線のパーフェクトオーダーと呼ばれるように上からSMA100、真ん中がSMA50、下がSMA20がうまい具合に順に並んだ状態、つまり下降トレンドがでていると判断する材料として確認しました。

黄色の矢印はエントリーしたラインです。赤の矢印はエントリーしたローソク足です。

そのあと、ボリンジャーバンドがエクスパンションがでていることを確認します。

でローソク足がボリンジャーバンド3σにタッチした次のローソク足でエントリーします。そしてその後のチャートがこちらです。

そのあと売りで入れたエントリーは見事そのまま下降していきました。狙い通りのトレードができました。今回は伸び切ったところでポジションを決済してしまいましたが、それでも30pipsぐらい獲得できています。

15分足とかならもっと利益が出せるかもしれません。そのかわりエントリーチャンスは1日に1回とか2回とかになる可能性もあると思います。

ですが1回のトレードで条件が揃えばほぼ9割ほど勝てるのではと予想しています。

トレード手法を身に着けていない方におすすめ

これといったトレード手法が定まらず、いろいろ試してみるがピンとこない、納得いくトレード手法を身に着けていない方におすすめのトレード手法だと思います。

僕も今でもトレード手法探し中ですが、この手法はシンプルかつ、自分の思っている通りにチャートが動いてくれることが多いのでおすすめです。

トレード手法を試す中で一番やっかいなのが、「エントリー後逆行による新切」です。予想に反しておきる逆行のせいで諦めてしまうトレード手法ですが、この移動平均線とボリンジャーバンド手法ならいけると思います。

全部が全部勝てるわけではないのでそのあたりは覚悟してトレードする必要がありますが、今までかなり納得できるトレード手法だと思います。ぜひデモでもいいので実践してみてください。

プロフェッショナルトリガーFXの評価を簡単にまとめてみた

FX手法カテゴリの最新記事

google-site-verification: google90d7a959044a22d8.html