FXツールのトレード画像は後追い!?

今回例にあげたのは人気のFXツール「ドラゴンストラテジーFX」ですが、こうした画像のトレード画像って後追いなので信用できない!って人多いと思います。

たしかにトレード中でサインがでて一通りトレードが終わってからいくらでも画像は編集ができます。ですから実際にユーチューブとかでトレード検証しているのが一番信憑性が高いかもしれません。

後追いでもよく見ると

後追いだから実際にサインがでてもこううまくいかないと思ってしまいますが、正解を言えばどちらもあります。うまくサイン通りにトレードできて利益が出せるときと、いわゆるダマシに合ってしまうときが。

でもどんな局面でも完璧なトレードができる人はそもそもいないわけで、しかもサインもロジックがあり、そのロジックの条件が揃えばサインシグナルがでる仕組みなので、勝てるときと負けるときがあるのは当然のことなんですね。

上の画像でもサインがでてから、その後利益がでたと強調されていますが、サインの通りエントリーしておけば利益になっている可能性は十分にあります。

後追いで画像で検証するぐらいなのは誰でもできます。ですが検証材料としてはいいと思います。サインが過去のチャートでどれだけ勝てているのかを確認するのはすでに終わったもので見るしかありません。

ツールに頼ると良いことも

これはFXトレード経験がまだ浅くてトレード手法やスキルがない人にとってはツールは良い手段だと思います。なぜならツールに頼ることで躊躇なくエントリーできるのと、メンタル的にも楽だからです。

自信のない、根拠のない局面でエントリーするよりも、「サインがでたしとりあえず従ってみるか」ぐらいの感覚でいいと思います。資金もレバレッジをあまりかけずに試してみるといいと思います。

メンタル面はかなり重要なポイントだと思います。ついつい根拠のない場面でポチポチしてしまう人はこういったツールを表示させておくだけでもいいと思います。

そしてサインがでるまで待つというスタンスでトレードすると余計な資金の垂れ流しを防げると思います。実際に僕がそうだったので。

ということで今回は後追いで編集可能な画像で利益がでるのか、信用できない人にあながちツールも使いようだということを伝えたかったので書きました。

FXツールや教材は高額で信用できないって人は無理に買うことをおすすめしません。確実に勝てるということはないのでそこらへんは自分と一度相談してみるのがいいですね。

仮想通貨とFXの詐欺被害が37億円というから驚き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする