FXでコツコツドカンにならないようにするには?

FXでコツコツドカンにならないようにするには?

FXトレードを何回もやっているが、コツコツドカンで負けてしまうことが大半という悩みは多いはずです。僕もそうでした。コツコツ勝っては、大きく負けるというFXでは一番やってはいけないトレードになってしまいがちです。

 

これは原因を突き止めるとコツコツドカンが逆転してコツコツ負けて、大きく勝つことができるんです。まずはコツコツドカンで負ける要因をまとめてみます。

コツコツドカンで負けてしまう原因

コツコツドカンで負けてしまう要因を僕なりにまとめてみました。

  • ポジポジ病
  • 損切りできない
  • 根拠のないところでトレードしてしまう

この3つです。

 

他にもいろいろあるかもしれませんが、この3つを実践したことで、コツコツドカンと負けてしまうわけです。ポジポジ病というのはこの3つをまとめている言葉かもしれません。

 

なぜエントリーしてしまうの?

なぜか根拠がない、あるいはこれ上がる(下がる)んでは?と意気込んでなぜかルールを無視しエントリーしてしまいます。おそらくポジションを持っていたいという気持ちと、ラッキーがあればという気持ちなどメンタルの部分がまだまだひよっこです。

 

こういう状態でFXをやってもうまくいきません。ちゃんとしたルールを持ってそれに従ってエントリーしないことには勝てないです。逆に聖杯のようなルールもないですが、それでもルールやロジックに従ってトレードを行うと負けるべくして負けて、勝つべくして勝つことができます。

 

むやみやたらにエントリーしてしまうポジポジ病は読んで字のごとく病的なのかもしれません。僕がそれを行っていたときはコツコツドカンと負けていました。

 

また損切りがなかなかできません。「いや、まだ上がる(下がる)って!」と思いながら損切りすることができませんでした。これも根拠がなく、その後のチャートの行方をわからずトレードしています。

コツコツドカンと負けないために

コツコツドカンで負けてしまう人は、さきほど述べた3つをしなかったらいいことになります。明確なルールを持つ、損切りを早く、根拠がある局面でしかトレードしない。

 

明確なルールが大事だなと思うようになったのも、僕の場合FXのツールを買ってからです。必ずロジックに従ってエントリーサインがでるので、そのロジックってけっこう重要なんだと気づきました。

 

また、損切りを早くする必要性も重要だと感じるようになったのは、「損切りが早いほうが大きく稼げる」でも書いているように、損切りは最低損失に抑えるために行う行為で、そう考えると資金をすべて失う可能性を低くできます。

 

次のトレードに控えて資金を残しておくということができるので損切りがどれだけ重要か気づきます。損切りを早くできる、見切りをつけられる人は、FXだけでなく仕事でも活かされると思います。

 

FXでコツコツドカンと負けてしまうっていう人はちょっとでも参考にしてもらえたら幸いです。これからのFXに取り入れてみてください。

FX革命DXの検証とレビュー【特典付き】

 

 

コラムカテゴリの最新記事

google-site-verification: google90d7a959044a22d8.html