RCIのトレード手法【最強版】

RCIはトレンドとオシレーターとの両面の顔を持つ特殊なインジケーターで、マイナーなようで一部ではヘビーユーザーがいる知る人ぞ知るインジケーターです。

RCIの主だった手法やメインで使っている人はあまり聞きません。だいたいMACDRSICCIなどが多いように思います。

RCIとは?

RCIは、価格の動きに沿って上下しますのでRCIが底打ちして上がり始めたら「買い」下がり始めたら「売り」というようにして売買タイミングを判断することが出来ます。

また、RCIが下がり始めたら「売り」、RCIが上がり始めたら「買い」とも判断することが出来ます。但し、レンジ相場では、RCIも細かく上下してしまいダマシになることもあります。

https://www.fxbroadnet.com/tech/technicalchart/tech12.jsp

引用しているのはあくまでスタンダードなRCIのトレード手法です。この手法で勝てるのであればこれでいいと思います。

ですが、今回は隠れたインジケーターのRCIのトレード手法の最強版を紹介します。ここで紹介するのは有料のものなので、無料でトレードRCIのトレード手法を知りたい方は他に探してみてください。

RCIのトレード手法

この一番下に標示しているのが、RCIですが、下がりはじめが売り、上がりはじめが買いというシンプルなものだけでなく、トレンドバーをその上に標示、そしてメインチャートにはボリンジャーバンドを改良したインジケーターもあり、RCIのトレードチャンスを増やしていくものです。

RCIだけのトレードよりもトレードチャンスが増え、ボラティリティの高い通貨であればレンジ相場での利益も期待できる優れものです。

実は有料ツールで、FXの目的でもある「利益」にフォーカスしたツールで完全に自分のスキルや手法といったものは必要なくなってしまいます。

RCIのトレンドを確信できる

RCIは上下に動くインジケーターで、下がる、上がるを見て判断してエントリーします。ですが、トレンドでない場合は、すぐに逆行しいわゆるダマシに合う可能性もあります。

そこでトレンドバーの色で実際にトレンドが発生しているかを確認し、改めてトレンドであることを確信したうえでエントリーしていきます。

ということは、RCIがうまくトレンドに乗ってしまえばかなりポジションを長く保有することができて、利益を伸ばし続けることができるわけです。

この有料ツールの詳細はこちらの記事に書いています。「プロフェッショナル・トリガーFX検証とレビュー【特典付き】

RCIを極めようと思う前に試してみるとハマるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする