FX業者って実際どこがいいの?

FX業者って国内、国外関わらずかなりの数の業者がありますよね。国内はレバレッジ規制とかであんまり多くのレバレッジがかけれないということから海外のFX業者を選んでトレードしている人もいるみみたいで、実際に僕も海外の「XM」という大手海外FX口座でトレードしていました。

でもやっぱり海外FXだと税金が高くつくとかで、ある程度資金ができたとか、資金があるなら国内FX業者のほうが断然いいです。

真面目にFXやるなら国内FX業者

海外のFX業者を選んだからといってふざけているとかではないんですが、国内FX業者を選んでそこでトレードするのはスタンダードである意味本気で真面目にFXに取りくむ姿勢になると思います。

僕が海外FXを選んだ理由はレバレッジを大きくかけれるところ、追証がないところ、クレジットカードで入金可能なところ、低資金(1000円でも可)でFXをできる部分などメリットが多いと感じたからです。

でもそれも数年前の話です。FXを始めた当時は資金も少なく、しかも負けたので低資金でリスクのない業者を優先したからです。

でもしっかりある程度の資金があり、なおかつビジネスとしても構築できる国内FX業者を選ぶのはグレーではなくかなり律儀な手段だと思います。

ハイスペックで初心者から上級者までが利用しているFX業者

ハイスペックでおそらく国内ではトップクラスのFX業者がDMMFXです。

DMMFXはこちら⇒初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール

僕がおすすめする理由は以下です。

業界最狭水準のスプレッド

スプレッドはドル円に関していえば0.3円。これはボラティリティが高い局面だとすぐに利益になります。

一方で海外のFXはスプレッドが1銭以上あるのでエントリーから利益になるまで時間がかかります。つまりポジポジ病にはかなり待てないことが多いです。

国内FXはスプレッドは狭いのがメリットで、エントリーから数分で利益になることが多いです。もちろんその時の相場にもよりますが、利益になる感覚をつかむならスプレッドが狭い業者を選ぶべきです。

DMMFXプラスとDMMFXスタンダード

FX取引ツールにはDMMFXプラスとDMMFXスタンダードの2種類があります。この2つの違いは大きく分けると

DMMFXプラスハイグレードで若干見にくい

DMMFXスタンダード…その名の通り通常のトレード画面

DMMFXプラスは使うことはありません。情報量が多い分、見にくいインターフェースになっています。

おそらくFXを知り尽くしたプロ向けといったところの位置づけになると思います。一方でDMMFXスタンダードは通常の見やすいトレード画面です。

DMMFXのほうが圧倒的に見やすいしトレードしやすいです。トレードだけに集中するのであればDMMFXスタンダードで充分です。

FXどれがいいのかは相性によるかも

過去にバイナリーオプションをやっていたときがありました。その時ネットで評価やレビューが良かった業者(名前忘れた)を選んでやってましたが、僕には合わなかったようで見にくいし、相性とかもあるんだと感じました。

FX業者もおそらく似通ったトレード画面ではあるものの、相性があるかもしれないので、DMMFXが一番いい!と断言できることはないです。

ただDMMFXなら変な心配はいらないかと思います。DMMといえばおそらくほとんどの人が知っているかもしれません。はずれではないと断言できます。

たとえば今からFXに参入するときに上記で述べたように海外のFX業者を選ぶときはかなり信ぴょう性にこだわると思うんです。

「ここの海外FXの業者は入出金トラブルはないのか?」とか「ちゃんと送金してくるのか?」とかの心配や不安が少なからずでてくると思います。

その点は国内であれば安心ですし、DMMとなる大手であればその不安要素は排除したうえでトレードできるというメリットあります。

FX業者を選ぶなら口座を開設するだけでもDMMFXをまず最初に試してみるのもアリだと思います。

初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする